人事労務管理システムは自動で業務を行えて大幅な業務改善!

It'ssosmart!

人事労務管理システムで推進させるペーパーレス化

従業員の労務管理を行う人事部門や人事業務を兼ねた総務部門では、他の部署と同様に大量の書類を扱います。入社や退社に伴う手続きに始まり、さまざまな申請書類や給与明細・社員名簿など、労務管理を行う上では膨大な書類を作成していかなければなりません。
一方では多くの部署で社内文書の電子化やワークフローシステム導入が進み、業務効率化に大きく寄与しています。労務管理を行う部署でも人事労務管理システムを導入することで従業員に関する情報が一元管理できるようになり、同様のペーパーレス化が実現可能です。
これまでは表計算ソフトなどを使って従業員情報を収集した上で必要な書類を紙に印刷していましたが、システム上で管理すればそうした書類の大半は印刷する必要がなくなります。従業員情報の入力作業はスマートフォンなどを使って従業員自身に入力してもらうことが可能になり、担当者の労力が大幅に軽減されるように仕組みが変わってきているのです。給与明細もこれまでのように紙に印刷して渡すのではなくWEBで発行して従業員が閲覧できるようにすれば、印刷コストの削減につながります。
人事労務管理システムを導入するだけで膨大な紙の書類から解放され、印刷コストだけでなく書類の管理や保管に関わるコストも節約できるのは間違いありません。労務管理を担当する部署は、書類のペーパーレス化による業務効率化の効果が最も高い部門だと言えます。

TOP