人事労務管理システムは自動で業務を行えて大幅な業務改善!

It'ssosmart!

人事労務管理システムを導入にあたり労務管理全般を管理します!

スマホをいじる

人事労務管理システムを導入することにより今までの人事が行ってきた勤怠管理をすべてカバーしその情報がベースとなって様々な書類を自動で作成してくれるため人事の労務管理作業は大幅にコストダウンできる利便性があります。今まで人事の取り扱ってきた社員の情報も人事労務管理システムを導入で社員に直接、入力してもらう事が出来、書類もその情報をもとにシステムが自動で作成してくれるので大変利便性に富んでいます。例えば、社員が引越しをして住所が変更になった場合でも自身の手で簡単にウェブ上から変更でき労務管理作業がシステムを使うことによってスピーディーに手続きや申請ができるメリットがあります。又、社員の情報を一括に管理できその情報をもとに扶養家族や健康保険、社会保険などの情報も合わせて管理できることから、人事の労務管理担当者は、保険事務所に行かずして手続きや申請が行えるので人事労務管理システムを導入することは、人件費や時間のコストダウンがはかれ生産性が大幅にアップします。また、市役所や税務署に提出する書類などもシステムの情報をもとに自動で作成してくれるので人事労務管理システムを導入は、もう企業にとっては、機能面でも生産性の面においても必要不可欠なことからもお勧めです。

どこにいても人事労務管理業務に対応できるシステム導入がおすすめ

支社や出張所など、数多くの事業拠点を持つ会社では、上長と従業員の所属事業所が地理的に離れている場合がよくあります。そんな場合、人事や労務管理に関するコミュニケーションは、宅急便を使って実施している会社が多いです。しかし、最近では、いわゆるテレワーク、即ち、在宅勤務を積極的に推進する会社が増えています。会社の規定にもよりますが、在宅勤務を選択した社員は、そもそも所属事業所に毎日通勤しない場合が多く、そうなると、紙ベースで労務管理や人事関連のコミュニケーションを行うのでは不都合な点がいろいろと出てきます。
そんな場合におすすめなのが、人事労務管理システムを導入することです。人事や労務管理のやり取りをシステムを介して電子的に行うため、従業員と上長、そして人事部の地理的な距離と無関係に、常にスピーディにコミュニケーションをとることが出来ます。在宅勤務社員と紙ベースでのやり取りを続けると、その社員個人個人の自宅と会社の間で宅配便をやり取りする場合、配送料コストが激増します。これを防ぐために、人事関連の書類を受け取りに、在宅社員に事業所への出社を命じるのでは、在宅ワークを導入している意味がありません。
在宅ワークを全社的に推進してより働きやすい環境を整備するなら、人事労務管理システムを導入することは必要不可欠と言えるでしょう。

労務管理や人事事務の省力化なら業務効率化システムを検討しよう

会社を始めたら、必ず行わなければならない事務仕事があれこれ発生します。販売や製造や流通に関わる事務管理はもちろん、人の採用に関わる人事や労務管理も必要になります。これらの作業は個々の従業員ごとに入退社の処理や各種申請書の管理が必要になります。また給与に関わる処理も、毎月発生します。非常に煩雑かつ面倒な事務仕事になるため、会社の規模によっては省力化や効率化を検討されることがあると思います。
そのような問題を解決してくれる方法として、人事労務管理システムを導入する企業が増えています。人事や労務に関わる情報を一元管理できるシステムで、情報の引き出しが非常にスムーズになります。システムを利用して、従業員の入退社の申請などもできるようになり、省力化が可能になります。またペーパーレス化できるという嬉しいメリットもあり、書類管理の作業もなくなります。
労務管理に携わる人員を充分に確保できない場合でも、このシステムを導入すれば滞りなく処理できるようになるでしょう。あるいは他の仕事へ労力を回せることにより、今まで不十分だった年間行事の企画や準備、各種従業員へのサポート業務などをしっかりできるようになります。


従業員の複雑な人事労務管理をシステム化するなら株式会社エムケイシステムの【DirectHR】を導入してみませんか?

TOP